クラック補修、外壁・土間補修はコンクリートのプロフェッショナル、シーリペア

シーリペア(岐阜県岐阜市)

お問い合わせ

WORKS
業務内容

クラック補修

クラック補修
浸透性接着工法工期1日間 粘性:8cps,表面張力:0.026N/m,硬度:72D,伸長度:6%,接着強度:13.6Mpa,硬化時間:10分,引張強度:30.8Mpa,圧縮強度:31.0Mpa,温度限界:-30?43°C
低圧注入工法工期2日間 粘性:10000cps,接着強度:6Mpa,硬化伸縮率:3%以下,引張強度:15.0Mpa以上
低圧注入工法
  1. ひび割れ調査
  2. 下地処理
  3. 座金取付
  4. シール止め
  5. 注入
  6. 座金・シール除去

※クラック補修後の美観調整(色合わせ)も可能です。

クラックリペア(浸透性接着工法)

クラックの幅のみを補修することが可能です。

微細なクラック→補修材のすり込み
0.5mm以下→浸透性接着剤塗布(天井・壁対応可)
0.5mm以上→エポキシ樹脂注入(低圧)

クラックリペア(浸透性接着工法) 施工前
クラックリペア(浸透性接着工法) 施工後

クラックリペア(低圧注入工法)

クラックの幅によって注入材を2種類使い分け。

クラックリペア(低圧注入工法) 施工前
クラックリペア(低圧注入工法) 施工後

BLOG & FACEBOOK -